【朱】意味と成り立ちを詳しく解説!「朱」は切り株が〈あかい〉【中学生の漢字】【読み方】

f:id:nao-yamamoto:20200102091637p:plain

この記事は
・漢字に興味がある方
・漢字の意味の由来を知りたい方
・漢字の成り立ちを詳しく知りたい方
に向けて書かれています。なるべく専門用語などは使わず噛み砕いて解説しているので、軽い気持ちで覗いてみてくださいね

今回の漢字は「朱」だよ

 

 

「朱」ってどんな漢字?

f:id:nao-yamamoto:20200102115336j:plain

【朱】6画 / 指事 / シュ・あか・あけ
①赤色。茶色がかった赤色。深い赤色
②朱色。硫化水銀鉱物などによる鮮やかな赤色。わずかに黄がかった鮮烈な赤色
③切り株。木の中心部

 

「朱」は〈切り株〉が〈あかい〉

「朱」は木の中心部に協調線を入れることで、〈切り株〉を指している漢字です。

 

f:id:nao-yamamoto:20200102134341j:plainf:id:nao-yamamoto:20200102120010j:plain

左:「朱」の古代文字(篆書

右:「朱」(楷書

※スマホでは左右は上下になっています。ご注意を。

楷書の3画目(真ん中)が協調線で、それ以外の部分が「木」の形となります。

 

強調線が木の中心を通っているため、木を切ったその断面を指しているとされています。

そのため「朱」には〈切り株〉という意味がありました。

 

しかし、切り株の中心部がほんのり赤らんでいたことから、「朱」はその後〈赤色〉や〈茶色がかった赤色〉を指す漢字として用いられるようになりました。

 

「ノ」みたいなの、何アレ?

「未」と区別するためにつけられているみたい

 

近い意味の漢字

 

「朱」の〈あか〉と〈朱色〉は違う

現在「朱」の字が一般的に指している赤色は、〈朱色〉と呼ばれるものです。

 

朱色は赤系統の中でも最も代表的な色とされており、わずかに黄がかっている鮮やかな赤色を指します。

染色で用いられる紅などとは異なり、地中にある水銀が硫黄と結合することで生まれる鉱物質の色で、「丹」などと同系統であるとされています。

日本では、縄文土器や国宝「玉虫厨子(たまむしのずし)」に見られるなど陶器や漆器の彩色に使用されていました。

 

本来、「朱」が指している〈赤色〉は切り株の中心部の赤であるため、鉱物質の色である朱色とは別のものです。

しかし、これらの色が非常に似ていたことから、「朱」は〈赤色〉のほか〈朱色〉も指すようになりました。

 

現在では〈赤色〉と〈朱色〉の区別は非常に曖昧になっており、「朱」は朱色やそれに近い赤色全般を指すものとなっています。

 

確かに玉虫厨子の朱色は切り株の色に似ているね

でしょ

 

「朱」の部首は「木」

「朱」の部首は「木」です。

f:id:nao-yamamoto:20200112111929p:plain
「木」は1本の立っている木を象形した漢字で、樹木の種類や木材の形、木製の道具を表す部首である「木部」を形成します。「朱」は指事文字であるため、ここでは単に "木" を表すために使用されています。

 


 

まとめ

  • 「朱」は木部6画の指事文字。
  • 「朱」は木の中心を指していることから〈切り株〉を表していた。
  • 「朱」には切り株の中心部がほんのり赤らんでいたことから〈茶色がかったあか色〉などの意味がある。
  • 「朱」には朱色と切り株の赤色が似ていたことから〈朱色〉を表す漢字として用いられている。

 

赤を表す漢字多ない?

全部表している色が違うからしょうがないね

 

参考資料

テクスチャ グランジ ツリー - Pixabayの無料写真

f:id:nao-yamamoto:20200102123425j:plain

 

 

新漢和大字典 普及版 (一般向辞典)
全訳漢辞海 第四版

当ブログに記載されている内容は、辞書や文献、資料などに遵守し学術的な配慮を十分にしているものですが、万が一誤りがあった場合は早急にご連絡ください。 確認を取ったうえで速やかに訂正させていただきます。 宜しくお願い致します。