【冬】成り立ちと意味を詳しく解説!「夂」には〈ふゆ〉という意味がある【小学生】【読み方】

f:id:nao-yamamoto:20200115090232p:plain

この記事は
・漢字に興味がある方
・意味の由来を知りたい方
・成り立ちを知りたい方
に向けて書かれています。なるべく専門用語などは使わず解説しているので、軽い気持ちで覗いてみてくださいね

今回の漢字は「冬」だよ

 

 

「冬」ってどんな漢字?

f:id:nao-yamamoto:20200115090719j:plain

【冬】画 / 会意 / トウ・ふゆ
①ふゆ。四季の1つ。1年の終わり。最も寒い季節。

 

1

「冬」は食糧を貯える寒い季節

「冬」は冬の季節をあらわす漢字だけれど、そもそも、なんで〈ふゆ〉という意味があるんだろう?

ではまず「冬」の成り立ちから確認していこう!

 

「夂」は〈ふゆ〉という意味がある

「冬」は上の「夂(ふゆがしら)」と下の「冫(にすい)」の2つの漢字に分けることができます。

 

「夂」は冬に備えて貯えられた食糧が、紐で結ばれている様子をあらわした漢字です。

 

昔の人々は春から秋にかけては、自分たちで育てた作物や狩った獣を食べることで生活します。
しかし、冬の季節になると寒さや雪が厳しく、外に出られないため、これらを収穫することはできませんでした。
そこで、人々は冬に備えて飢えをしのぐために、食糧を貯えていたのです。

 

「夂」はこれによって貯えられた食糧を示しており、同時に〈ふゆ〉という季節そのものをあらわしました。
「冬=食りょうを貯える季節」という連想です。

 

なので、「夂」にはこれ1文字で〈ふゆ〉という意味があり、長らく「冫」がないまま使用されていました。

 

「夂」は「冬」の頭(かしら)にあることから「ふゆがしら」と呼ばれています。

 

「冫」は冬が寒いことを強調している

「冫」はもともと、水が氷になったときにできる白い筋を漢字にしたもので、以前は「仌(ヒョウ)」という形でした。

 

氷をあらわしているため、「冫」には冷たいイメージがあり、現在でも「冷」や「凍」など冷たいものを示す漢字に使われています。

 

「冬」もそのひとつです。
もともと〈ふゆ〉の意味で使われていた「夂」に「冫」をつけることで、冬が氷におおわれている、とても寒い季節であることを強調しているのです。

 

このことから、「冬」の字も寒い季節〈ふゆ〉をあらわす漢字になったのです。

 


 

「冬」になぜ、〈ふゆ〉という意味があるのか。
それは、「夂」と「冫」を組み合わせることで、食糧を貯えなければならないほど、寒い季節をあらわしているからなのでした。

 

〈ふゆ〉の意味を使用した例
「冬至」冬の中で最も夜が長い日。
「冬眠」冬の間、活動しないこと。
「玄冬」冬の別名。五行説からきたもの。

f:id:nao-yamamoto:20200115092540j:plainf:id:nao-yamamoto:20200115092800j:plain

左:「冬」の古代文字(金文)。約3000年前の形。

右:「冬」の古代文字(篆書)。約2300年前の形。

※スマホでは左右は上下になっています。

 

なんの食糧を結んでいるんだろう?

たぶん生肉だと思うよ。昔は火が消えれば生死に関わるくらい寒かったから、生肉も紐で吊るしておけば腐らなかったんじゃないかな

 

 

2

「冬」の部首は「冫」

f:id:nao-yamamoto:20200115101949p:plain

「冫部」は気候の寒さや水が凍ることを表す部首。
「冬」では冬が "寒い季節" であることを強調するために使用されています。

 


 

 

冬の時期は見ただけで寒い漢字№1

「氷」の記事でも同じこと言ってたよ

 

 

3

参考資料

「白川フォント」

 

 

常用字解 第二版
新漢和大字典 普及版 (一般向辞典)
全訳漢辞海 第四版
新明解国語辞典 第七版

当ブログに記載されている内容は、辞書や文献、資料などに遵守し学術的な配慮を十分にしているものですが、万が一誤りがあった場合は早急にご連絡ください。 確認を取ったうえで速やかに訂正させていただきます。 宜しくお願い致します。