【木】意味と成り立ちを詳しく解説!「木」は木をそのまま漢字にした形【小学生の漢字】【読み方】

f:id:nao-yamamoto:20200101173457p:plain

この記事は
・漢字に興味がある方
・漢字の意味の由来を知りたい方
・漢字の成り立ちを詳しく知りたい方
に向けて書かれています。なるべく専門用語などは使わず噛み砕いて解説しているので、軽い気持ちで覗いてみてくださいね

今回の漢字は「木」だよ

 

 

「木」ってどんな漢字?

f:id:nao-yamamoto:20200114135223j:plain

【木】4画 / 象形 / ボク・モク・き・こ
①き。たちき。生きている木。樹木
②き。材料としての木。木で作ったもの。

 

「木」は木をそのまま漢字にした形

「木」は地面の上に生えている1本の木(たちき)のうち、根元から枝先までを象形した漢字です。

 

f:id:nao-yamamoto:20200102140517j:plainf:id:nao-yamamoto:20200101173604j:plain

左:「木」の古代文字(金文

右:「木」(楷書

※スマホでは左右は上下になっています。ご注意を。

 古代文字の「木」は上から分かた枝、幹、分かれた根を表現しています。

 

楷書の1画目と2画目の前半までが分かれた枝に相当し、2画目の後半から3・4画目が分かれた根に相当します。

 

古代文字に比べて、楷書では根の出発点と枝の出発点が同じところに位置してしまっているため、幹は無くなっていると考えてよいでしょう。

 

幹が無くなっているっていうのは面白いね

そうでしょう。下に伸びているのが根っこだっていうのも古代文字を見れば納得だよね

  

「木」は木の総称

「木」は成り立ちとしては1本のたちきを表していますが、転じて木材や木の種類、木製の道具など〈木に関するものの総称〉として使用されるようになりました。

 

「木耳」や「棟木」「木魚」など木に関するものに用いられているほか、「材」や「松」「机」など部首としても非常に多くの漢字に使用されています。

 

そのため、漢字表記で「木」なのか同義語の「樹」なのかを迷ったときは、「木」にしておけば間違えることはないでしょう。

 

「木乃伊(ミイラ)」は?

ポルトガル語の当て字

 

近い意味の漢字

※これに対し「樹」は地面から生えて生長している木を表現した漢字です。そのため「樹木」や「橡の樹」「胡桃の樹」など生きている木に対して使用するのが一般的と言えます。

 

「木」の部首は「木」

「木」の部首は「木」です。

 f:id:nao-yamamoto:20200112111322p:plain

「木」は1本の立っている木を象形した漢字で、樹木の種類や木材の形、木製の道具を表す部首である「木部」を形成します。「木」はその後、「柘榴(ざくろ)」や「櫃(ひつ)」「橇(そり)」など様々な漢字を生み出しました。

 


 

まとめ

  • 「木」は木部4画の象形文字。
  • 「木」は1本のたちきのうち、根元から枝先までを象形した漢字。
  • 「木」はたちきを表していたことから転じて〈木に関するものの総称〉として使用されるようになった。
  • 「き」という名称は「生命」を表す「生(き)」からきているとされている。

 

猫って高いところに上ったら降りられなくなるよね

まず登れないけど

 

近い意味の漢字

 

参考資料

「白川フォント」

 

 

全訳漢辞海 第四版
新漢和大字典 普及版 (一般向辞典)

当ブログに記載されている内容は、辞書や文献、資料などに遵守し学術的な配慮を十分にしているものですが、万が一誤りがあった場合は早急にご連絡ください。 確認を取ったうえで速やかに訂正させていただきます。 宜しくお願い致します。