【実】意味と成り立ちを詳しく解説!「果」との違いは何? 「実」「誠」「真」は同じ?【小学生の漢字】【読み方】

f:id:nao-yamamoto:20191025131634p:plain

この記事は
・漢字に興味がある方
・漢字を深く勉強をしたい方
・意味の由来やなりたちを詳しく知りたい方
に向けて書かれています。なるべく専門用語などは使わず噛み砕いて解説しているので、軽い気持ちで覗いてみてくださいね

今回の漢字は「実」だよ

 

 

【実】8画 ジツ・み・みのる・みちる・まこと
①みちる。いっぱいになる
②みのる。たねがなる。実がなる
③み。くだもの
④まこと。本当のこと。実際

今回は以上の意味について解説します。(番号は解説の順番になっています)

 

「実」ってどんな漢字?

f:id:nao-yamamoto:20191025105656j:plain

 

「実」は家にお金が満ちている様子

さて、今回見ていく「実」は会意文字です。会意文字とは「質」などのように複数の漢字を組み合わせることで、新しい意味を表している漢字のことを言います。
「質」を見ると「斦」と「貝」が組み合わさっているのがわかりますよね。

 

では「実」の場合はどうなのか。
「実」はもとの漢字を「實」のように書きます。そのため「實」は「宀(べん・うかんむり)」と「貫」の2つの漢字が組み合わさっているということになります。

 

「宀」はご存じのように、家や建物の屋根を示している部首にあたります。

正確には祖先の霊を祭る廟(みたまや)の屋根の形、つまり霊廟(レイビョウ)のことをいうのですが、ここでは家の屋根として問題ありません。

 

一方で「貫」は、「田」のような形と「貝」に分けることができます。
ところで昔の人々は貝をお金として用いていていたということは学校で習いましたよね。

そのため「貝」の字はお金のことを表す漢字に多く使われます。(「財産」の「財」や「貨幣」の「貨」など)

また「宝」の旧字体である「寶」にも貝が用いられていることから、この場合の「貝」は「たから」「財宝」「財産」などの意味として考えてよいでしょう。

 

「貝」の上にある「田」は穀物が田畑にいっぱいなっている様子を示しています。ここではこのうち「いっぱい」という意味を用いています。

 

つまり「實」は「家の屋根の下(宀)」に「財産(貝)」が「いっぱいある(田)」という構成になっており、家の中に財産が満ちている状態を表しているのです。


このことから「実」には「みちる」という意味があり、訓にも現れています。

 

f:id:nao-yamamoto:20191025110730p:plain

「実(實)」の古代文字(篆書)

 

古代文字を見てみるとこのような形になっています。
現在の漢字は「実」ですが、「實」と比べてみて横線の数が一致していることから「貫」の字が省略されたのであろうと考えられます。

 

「実」のような省略された漢字を新字体といい、「實」のような漢字を現在では旧字体といいます。

 

「条」もそうだったけれど旧字体からなりたちを読み取らなきゃいけないのは面倒くさいね

そう? わたしは新発見ができて楽しいけれどなぁ…

 

「実」の部首は「宀」

「実(實)」の部首は「宀」です。「宀」は先にも書いていますが家の屋根ひいては家の中を表す漢字です。

 

部首は漢字を分類するにあたって最も重要となる構成要素を指しています。
「実」の場合は「みちる」の意味において「家の中に」財産が満ちていることが最も重要になってきます。

 

家の外に財産が積んであってもその状態を見て「満たされている」「満ちている」とは言いませんよね。


家の中もそうですが、箱や壺など器のようなものにたくさんものが詰まっていてはじめて「満ちている」といえるのです。

 

そのため「実(實)」の部首はその器を示す「宀」が部首であるといえるのです。

 

やっぱり部首って難しい

 

「実」は中身「果」は果物の総称

f:id:nao-yamamoto:20191025111419j:plain

「実」は果物の実が「みのる」

「実」には「みちる」という意味があるということは先に書いた通りです。

 

意味の由来としては財産が満ちているということでしたが、この意味は「充実」など中身が充分に満ちているなどの意で使用されています。

 

そのため「実」は果物の中身が充分に満ちているというところから「みのる」そして「(果物の)実」という意味に用いられるようになりました。

 

このことから「果実」における「実」の字の役割は中身が詰まっている様子を表すことにあります。

つまり種を含む果肉のことを指しているといえるのです。

 

充分に熟れている様子なんだね?

きっとそうだよ

 

「果」は果実を外側から見ている

一方で「果実」の「果」の字は部首を木部に作る漢字です。

 

「果」は分解してみると「田」のような字と「木」で構成されています。

この「田」は厳密には「田」ではなく、果実を表す〇の記号が4つ集まった形になります。

 

「木」の上に「田」があることから「果」は、木に果実がなっている様子を表している漢字なのです。

 

もちろん〇が4つしかないからといって、果実が4つしかないわけではありません。
漢字は複数存在するものを表す際、少数に省略する傾向があります。なので「果」の場合も果実がたくさん木になっている様子を示しています。

 

「果実」のおいて「実」は(種や果肉など)フルーツの中身を表していたため「果」は皮、としたくなりますがこれは厳密には違います。

実は「果」の古代文字には「田」の中に4つの点があり、果実の種が表現されています。
そのため「果」は木の上や草になっているフルーツの総称であるという見方ができ、その中身を表す漢字としてとりわけ「実」が使われているといえるのです。

 

もしかしたら、フルーツのことを言う際は「果」だけで事足りるところを、熟れている様子を表すために「実」の字を使っているのかもしれませんね。

わたしはそのように覚えることにします。

 

めいちゃんフルーツはNGです。

ヨーグルトは食べるのに

  

 

「誠実」は真心に満ちている

f:id:nao-yamamoto:20191025112817j:plain

「実」は誠意で心が満たされている

「実」は家の中に財産が、そしてフルーツの中身が「満たされている」ということを表していました。

 

これらに続くようにして「実」にはもうひとつ「まこと」という意味があります。

これは誠意(真心)が心の中に「満たされている」といる状態で、先に挙げた「みちる」や「みのる」とほぼ同じ使い方になっています。

心が誠意で満ちている状態が、すなわち「まこと」になるのです。

 

「まこと」の意は、まじめで真心がこもっているという意味である「誠実」や本当のことという意味である「真実」などに用いられていることから、誠意があり嘘偽りがないということを表しています。

 

加えて「真実」の意に近いところで、「実」には「本当の」「や真実の」という意味に転用されています。

この意味では、本当のところという意味である「実際」や本当の能力という意味である「実力」などがあり、通して現在でも一般的に使用されている意味になっているのです。


「誠実」や「真実」からもわかる通り「誠」「実」「真」
の3字は類義語として分類されており、すべて「まこと」という意味があります。これらは訓でも「まこと」と読み、名前でもよく見かける並びになっています。

 

みなさんの周りにも「まこと」という名前の人がいたのではないでしょうか。

とても素敵な名前だとわたしは思います。(女の子だとなお素敵)


「誠」は清めた心で神に誓う

ところで「誠」は「言」と「成」に分けることができます。

 

「成」について詳しいことは割愛しますが、これは物を祓い清めることを示してる漢字です。また、「言」は神への誓いを指し、誓約の言葉を述べている様子を表しています。つまり絶対に破れない約束をしているわけですね。

 

そのため「誠」は祓い清められたもののように心を清め、神様へ誓いの言葉を述べるということになるのです。

 

このことから「誠」は「まごころ」や「まこと」という意味へとなりました。

成り立ちにおいて真心は神様に対するものでしたが、もちろん人への親切心や物への気持ちなどにも「誠」は使用することができます。先程から何度か出てきている「誠実」や「誠意」などがそれにあたります。

 

同じ「まこと」の意味を持つ「実」と「誠」でも、「実」は真心が満ちてる状態を「誠」は心が綺麗な状態をそれぞれ表していることになり、一概に同じことを指しているとは言えないということがわかりますよね。

 

じゃあ「誠実」って真心が満ちてそれが祓い清められているんだね

最強だね

 

まとめ

    • 「実」は8画の会意文字。部首は「宀」。
    • 「実」はもとの漢字を「實」のように書く。
    • 「実(實)」は家の中に財産が満ちている状態から「みちる」という意味がある。
    • 「実」は果実の中に実が充分に満ちている様子から「みのる」「実」という意味がある。
    • 「実」にある「まこと」の意は、誠意があり嘘偽りないという用いられ方があるほか、「本当の」という意味にも用いられている。

 

ほかの漢字と比較したから随分と分かりやすくなったね

 

おわりに

f:id:nao-yamamoto:20191025123111j:plain

今回は「実」という漢字を見ていきました。

 

猫、ことめいちゃんに関しては意外とフルーツが嫌いなようです。

オレンジやミカンなどは皮をむいていなくても飛んで逃げていきます。柑橘系でなくてもスイカやバナナ、イチゴ、ブルーベリーなどいろいろ試してみましたがどれもお気に召さないようです。

 

猫は雑食だと聞きますが、やはり好き嫌いというものがあるのでしょうか。

ちなみにめいちゃんの好物は鰹節、海苔、シーチキンそしてヨーグルトです。めいちゃんも猫ながら腸内環境を気にしているのでしょうか。

 

ところでわたくしやまもとの好物は茶碗蒸し、豚汁、そしてフルーツ全般です。

この3種類の食べ物があれば一生生きていけることでしょう。

今回はあとがきに書くことがなかったので、食べ物のお話でした。

 

松尾芭蕉の「芭蕉」てバナナのことってホント?

厳密には「芭蕉」は「芭蕉」という別の植物なんだけどね。ちなみにバナナは漢字で書くと「実芭蕉」になるよ

松尾芭蕉…松尾バナナ…ヘヘッ

失礼だよ

参考資料

 

 

 

新漢和大字典 普及版 (一般向辞典)
新明解国語辞典 第七版
字源物語―漢字が語る人間の文化 (漢字・漢文ブックス)

当ブログに記載されている内容は、辞書や文献、資料などに遵守し学術的な配慮を十分にしているものですが、万が一誤りがあった場合は早急にご連絡ください。 確認を取ったうえで速やかに訂正させていただきます。 宜しくお願い致します。