【終】意味と成り立ちを詳しく解説!「終」は糸の終わりに例えている【小学生】【読み方】

f:id:nao-yamamoto:20200115104757p:plain

この記事は
・漢字に興味がある方
・意味の由来を知りたい方
・成り立ちを知りたい方
に向けて書かれています。なるべく専門用語などは使わず解説しているので、軽い気持ちで覗いてみてくださいね

今回の漢字は「終」だよ

 

 

「終」ってどんな漢字?

f:id:nao-yamamoto:20200115104738j:plain

【終】画 / 会意形声 / シュウ・おわる・おえる・おわり・ついに
①おわり。おわる。物事のおしまい。死ぬ。
②終わりまで行きつく。物事が最後の段階まで進行しておしまいになる。
③ついに。とうとう。最後に。

 

1

「終」は糸の終わりに例えている

「終」は〈おわり〉をあらわす漢字だけれど、いったい何が終わっているの?

ではまず「終」が〈おわり〉をあらわす理由について見ていこう!

 

「終」は左の「糸」と右の「冬」の2つの漢字に分けることができます。

 

「糸」は蚕からとれた糸を、何本か束ねたものを漢字にしたものです。
しかし、「終」では特にどのような糸、というのは決まっていません。

 

「冬」は冬に備えて食糧を貯えている様子をあらわした漢字です。
下についている「冫(にすい)」は氷を指しているため、冬がとても寒い季節であることを強調しています。

 

「冬」は普段〈ふゆ〉の意味で使われていますが、この漢字には〈おわり〉というイメージがあります。
冬が1年の終わりの季節であるためです。

 

「終」にある「冬」もこのイメージを使用しており、「糸」が付いていることから、糸の終わりの部分を示しています。

 

このことが転じて「終」は〈おわる〉や〈おわり〉という意味で用いられました。
糸の終わりの部分を物事の終わりに例えたためです。

 

現在では物事だけでなく、時間や動作など様々な終わりに使用されています。

 

〈おわり〉のイメージは、あくまでも連想であるため、「冬」に特別〈おわり〉という意味があるわけではありません。

 

〈おわる〉や〈おわり〉の意味を使用した例
「終末」物事がすっかり終わること。
「終結」     〃
「終了」     〃
「臨終」生命が終了すること。死亡。

「死」記事鋭意製作中

 

糸の終わりをあらわしているから「終」には〈おわり〉のいみがあったのか!

漢字の成り立ちには「冬」みたいにイメージを使うことがあるから注意だね

 

 

2

「終」は時間全体をあらわす

駅のアナウンスなどで「終日禁煙」というフレーズを聞いたことがある人は多いでしょう。
「終日」とは〈一日中〉という意味です。

 

ここに使われている「終」は〈おわり〉という意味ではなく、〈おわりまで行きつく〉という意味を持っています。

 

〈おわり〉の意味は終わった瞬間だけをあらわすものです。
しかし、〈終わりまで行きつく〉の意味は、終わりになるまでの時間全体をあらわしています。

 

つまり「終日」でいえば、〈その日が終わりなるまでの時間全体〉を指しているということです。
なので「終日」は〈その日の全体〉すなわち〈一日中〉という意味になるのです。

 

この意味は、時間全体を指しているため、「終身」のように人の一生をあらわす際にも使用されます。「終身」とは〈その身が終わるまで(=死ぬまで)〉の時間全体という意味で、一生涯をあらわしています。

 

〈終わりに行きつく〉の意味を使用した例
「終夜」一夜のこと。一晩中。
「終生」物事を生涯続けること。
「終の棲家(すみか)」死ぬまでに過ごす家。

「遂」記事鋭意製作中

 

3

「終」の部首は「糸」

f:id:nao-yamamoto:20200115112250p:plain

「糸部」は繊維や織り物、染色による色を表す部首。

「終」では "糸" を表すために使用されています。

 


 

 

死なんて恐ろしいね…ブルブル

じゃあそろそろ「死」の執筆しちゃおうかな…グハハハ

 

4

参考資料

 

 

常用字解 第二版
新漢和大字典 普及版 (一般向辞典)
全訳漢辞海 第四版
新明解国語辞典 第七版

当ブログに記載されている内容は、辞書や文献、資料などに遵守し学術的な配慮を十分にしているものですが、万が一誤りがあった場合は早急にご連絡ください。 確認を取ったうえで速やかに訂正させていただきます。 宜しくお願い致します。