【森】意味と成り立ちを詳しく解説!「森」や「林」は神聖な場所だった【小学生の漢字】【読み方】

f:id:nao-yamamoto:20200110152123p:plain

この記事は
・漢字に興味がある方
・漢字の意味の由来を知りたい方
・漢字の成り立ちを詳しく知りたい方
に向けて書かれています。なるべく専門用語などは使わず噛み砕いて解説しているので、軽い気持ちで覗いてみてくださいね

今回の漢字は「森」だよ

 

 

「森」ってどんな漢字?

f:id:nao-yamamoto:20200114130453j:plain

【森】12画 / 会意 / シン・もり・しげ・しげる
①もり。たくさんの木が茂っている場所。木のこみあった茂み。
②たくさんの木がびっしりと生えているさま
③こんもりとして暗い。静かで厳かなさま

 

「森」は「林」よりも深い

「森」は「木」を3つ組み合わさった形です。

構成としては「林」に「木」が加わったものであるため、林よりも深みがあり木が隙間なく生えている様子を表現しています。

 

昔の人々にとって、林は生活に使用する木の茂みであったのに対し、は樹海や原始林のような未開の地であったため、これが漢字に反映されたのです。

 

木がびっしりと茂っている場所であることから「森」は〈たくさんの木が茂っているさま〉を表します。

樹木が深く生い茂っている様子である「森森」や木がたくさん立ち並んでいる様子である「森羅」などに使用されている「森」はこの意味によるものです。

 

現在、日本農林水産省の定義では「森」は人の手が加えられていない木の茂み、「林」は人工的な木の茂み、「森林」は森と林に棲息する動物とその壌土を含めた土地全体と決められています。

 

原始林って?

人間が開拓していない木の茂みのことだよ

 

近い意味の漢字

 

「森」や「林」は神聖な場所だった

昔から、森林など木が生い茂った場所には神様がいると考えられていました。

 

これは、森林が川を作り、木々や草木を育て、動物を養い、生命を循環させていることから命を生み出す場所であるとされたからです。

そして、そういった命や水の恵みは巡り巡って人間にももたらされるため、人々は森林を聖域として祀っていたのです。

 

このような森林に対する神聖なイメージは漢字にも反映され、「森」は〈静かであるさま〉や〈厳かであるさま〉を表すようになりました。

 

 非常に厳かなことである「森厳」やシンと静まり返っていることである「森閑」などにこの意味は用いられ、現在でも一般的に使用されています。

 

ちなみにこのイメージは「林」にも反映されていて、神域に立ち入ることを戒める「禁」などに使用されているよ

おもしろいね

 

近い意味の漢字
「閑」記事鋭意製作中
「静」記事鋭意製作中
「杜」記事鋭意製作中

 

「森」の部首は「木」

「森」の部首は「木」です。

f:id:nao-yamamoto:20200112105843p:plain
「木」は1本の立っている木を象形した漢字で、樹木の種類や木材の形、木製の道具を表す部首である「木部」を形成します。「森」では "木" がたくさん生い茂っている様子を表すために使用されています。

 


 

まとめ

  • 「森」は木部12画の会意文字。
  • 「森」は木がびっしりと茂っている場所であることから〈たくさんの木が茂っているさま〉を表す際に用いられる。
  • 「森」には森林に対する神聖なイメージから〈静かであるさま〉や〈厳かであるさま〉という意味がある。

 

森が神聖な場所っていうのは何かわかる気がするな

スピリチュアルな考え方っていうのは漢字に結構多いテーマだから、ここが受け入れられないとちょっと厳しいものがあるね

 

参考資料

森林法

 

 

新漢和大字典 普及版 (一般向辞典)

当ブログに記載されている内容は、辞書や文献、資料などに遵守し学術的な配慮を十分にしているものですが、万が一誤りがあった場合は早急にご連絡ください。 確認を取ったうえで速やかに訂正させていただきます。 宜しくお願い致します。