【末】意味と成り立ちを詳しく解説!「末」は梢の部分を指している【小学生の漢字】【読み方】

f:id:nao-yamamoto:20200101152733p:plain

この記事は
・漢字に興味がある方
・漢字の意味の由来を知りたい方
・漢字の成り立ちを詳しく知りたい方
に向けて書かれています。なるべく専門用語などは使わず噛み砕いて解説しているので、軽い気持ちで覗いてみてくださいね

今回の漢字は「末」だよ

 

 

「末」ってどんな漢字?

f:id:nao-yamamoto:20200114135437j:plain

【末】5画 / 指事 / マツ・バツ・すえ・しも
①すえ。こずえ。ものの端の部分
②細かい。物事が小さく細かいこと
③すえ。おわり。さいご。ある時期の最後の時期
④すえ。物事の大事ではない部分。重要ではないこと

 

「末」は梢の部分を指している

 「末」は木の上部に強調線を入れることで、枝先である〈梢(こずえ)〉を指している漢字です。

 

f:id:nao-yamamoto:20200102134826j:plainf:id:nao-yamamoto:20200101152833j:plain

左:「末」の古代文字(金文)
右:「木」(楷書)
※スマホでは左右は上下になっています。ご注意を。

 梢とは木の末(すえ)という意味で、文字通り木や枝の端の部分のことをいいます。

  

楷書の1画目が強調線で、それ以外が「木」です。

「木」は1画目と2画目の前半が枝を表している部分であるため、まさしく枝先を指しています。

 

梢を指していることから「末」は単に〈すえ〉や〈端〉という意味があるほか、梢となるような細かい枝から連想して〈細かいこと〉を表す漢字としても用いられています。

 

梢をものの端のたとえにしたんだね

昔の人々の想像力ってすごいよね

 

「梢」は〈おわり〉の部分のこと

梢は、木や枝などひと続きの最後の部分にあたることから、「末」には〈最後〉や〈おわり〉という意味があります。

物事の終わりや序列の最後の部分を梢に例えたわけです。

 

文章の終わりのことである「末尾」や全ての終わりである「終末」などに使用されている「末」はこの意味によるもので、現在でも一般的に使用されています。

 

〈おわり〉の意味は特に、根を指す漢字である「本」と対義され、物事の初めと終わりを表す「本末」などに用いられました。

 

近い意味の漢字

 

「梢」は細かく〈重要ではない〉

また、「末」には〈大事ではない部分〉や〈重要ではないこと〉を示す意味があります。

これは、梢などの細かい枝が木にとってまったく重要ではないことから連想されたものです。

 

「枝葉末節」や「瑣末(サマツ)」などはもともと〈細かい〉ことを表していましたが、現在では転じて〈主要ではないもの〉の例えとして使用されています。

 

このほか、地位が低いことである「末席」や「末座」に使用されている「末」も同様の意味によるものです。

 

「末」の部首は「木」

「末」の部首は「木」です。

 f:id:nao-yamamoto:20200112112115p:plain

「木」は1本の立っている木を象形した漢字で、樹木の種類や木材の形、木製の道具を表す部首である「木部」を形成します。「末」は指事文字であるため、ここでは単純に "木" を表すために使用されています。

 


 

まとめ

  • 「末」は木部5画の指事文字。
  • 「末」には梢を表していることから〈すえ〉や〈細かいこと〉という意味がある。
  • 「末」には梢のよう細かいものは全体から見てさほど重要ではないことから〈大事ではない部分〉という意味がある。
  • 「末」には梢が木というひと続きの最後の部分にあたることから〈最後〉や〈おわり〉という意味がある。

 

なんか「末」は細々した意味が多いね

まとめるのが大変だった

 

参考資料

 

 

新訂 字統
新漢和大字典 普及版 (一般向辞典)

当ブログに記載されている内容は、辞書や文献、資料などに遵守し学術的な配慮を十分にしているものですが、万が一誤りがあった場合は早急にご連絡ください。 確認を取ったうえで速やかに訂正させていただきます。 宜しくお願い致します。