【材】意味と成り立ちを詳しく解説!「材」は「才」の代わり【小学生の漢字】【読み方】

f:id:nao-yamamoto:20200106110430p:plain

この記事は
・漢字に興味がある方
・漢字の意味の由来を知りたい方
・漢字の成り立ちを詳しく知りたい方
に向けて書かれています。なるべく専門用語などは使わず噛み砕いて解説しているので、軽い気持ちで覗いてみてくださいね

今回の漢字は「材」だよ

 

 

「材」ってどんな漢字?

f:id:nao-yamamoto:20200114131536j:plain

【材】7画 / 会意形声 / ザイ・サイ・あらき・もちまえ
①き。山林から切ってきた木。切り木。建築、製造、細工に使うもととなるもの
②材料。素材。基礎の資材になって、その物事に役立つもの。

 

「材」は「才」の代わり

「材」は漢字を分解すると「木」と「才」に分けることができます。

 

「才」はもともと、川の水を堰き止めるための堰を象形した漢字です。

堰が川の水を断ち切っている様子から、木を切って作られる材木など〈材料〉や〈素材〉を意味しています。

 

ところが、これらの意味はだんだんと〈素質〉や〈能力〉のように人間が持っている力に対する意味に変化していき、使用されなくなっていきました。

 

そこで、新たに〈素材〉や〈材料〉を表す漢字として作られたのが「材」です。

「木」を付けることで木を切って作られた木材など〈素材〉の意味を使用していることを強調しています。

 

現在では木材に限らず「建築資材」や「機材」など何かを形作る〈材料〉全般に使用される一方で、「食材」や「取材」「教材」など物事の基礎となる〈素材〉全般にも使用されています。

 

ちなみに「機材」には単純に〈機械の材料〉という意味と、「カメラ機材」のように〈目的のための道具〉という意味の2種類があるよ

後者の方が使われがち

 

近い意味の漢字

「裁」記事鋭意製作中

「栽」記事鋭意製作中

 

「材」の部首は「木」

「材」の部首は「木」です。

f:id:nao-yamamoto:20200112110129p:plain

「木」は1本の立っている木を象形した漢字で、樹木の種類や木材の形、木製の道具を表す部首である「木部」を形成します。「材」では「才」のもとの意味を強調するために「木」が付けられています。

 


 

まとめ

  • 「材」は木部7画の会意形声文字。
  • 「材」は「才」が〈素材〉や〈材料〉の意味を使用しなくなったことから、代わりに〈素材〉や〈材料〉を表す漢字として作られた。
  • 「材」は現在では何かを形作る〈材料〉全般に使用される一方で、物事の基礎となる〈素材〉全般にも使用されている。

 

今日は随分テキトーだね

そういう日もある…

 

近い意味の漢字

※「材」は切られた木を表していますが、「樹」は地面に立っている木を表しており、「木」は「材木」や「樹木」のようにそれらすべてを表わすことができます。

 

参考資料

 

 

新漢和大字典 普及版 (一般向辞典)
全訳漢辞海 第四版

新明解国語辞典 第七版

当ブログに記載されている内容は、辞書や文献、資料などに遵守し学術的な配慮を十分にしているものですが、万が一誤りがあった場合は早急にご連絡ください。 確認を取ったうえで速やかに訂正させていただきます。 宜しくお願い致します。